屋外の設備で起きる水のトラブル

水道は家庭の中でさまざまなところに接続されていて、生活を豊かにしてくれていますが、何も屋内だけの話ではありません。屋外に取り付けられている水栓も大事な設備です。駐車場を洗浄するために使われますし、植栽に対する散水として使われることもあります。使用頻度は屋内に比べると圧倒的に低くなりますが、それだけに水のトラブルに気がつくことも遅れがちです。

■発見が遅れる屋外の設備

屋外の水のトラブルは、どうしても目につきにくいことから被害が拡大しやすくなります。使用頻度の違いによるためですが、屋内の蛇口同様にパッキンの劣化からは逃れられません。使っていなかったとしても、定期的に交換しなければいけないのは、水に触れていると成分が流れ出し、弾力性を失うからです。弾力性が失われると、隙間ができやすくなり、水のトラブルにつながります。
ハンドル部分から水漏れを起こしているときにも、やはりパッキンが問題です。下部から水漏れを起こしているときには、根元にあるシールテープが劣化してしまい、隙間ができて水が漏れていることが考えられます。一度取り外してシールテープを巻けば元に戻りますが、適度な力で取りつけることが求められるため、難しいと思ったときには専門業者に依頼するといいでしょう。

■凍結による破損

屋外の水道設備で起きやすい水のトラブルが、凍結による破損です。子供でも分かることですが、水は0度になると凍り始めます。水道管の中にある水も例外ではなく凍結しますが、この時に体積が膨張することが問題です。水は凍ると体積が大きくなるので、膨張する力に水道管が耐えられないと、水が出なくなったり破損したりするようになります。凍っただけなら自然に溶けるのを待てば使えますが、破損すると、氷が溶け出すのと同時に大量の水が漏れ出す恐れがあります。凍結から破損した場合は大きな水のトラブルとなります。
屋外では、屋内よりも気温の影響を受けます。水が漏れ出したとしても、屋内より発見が遅れるところも問題です。何か濡れている場所を見つけたときには、水のトラブルを疑い、検査や修理を考えなければなりません。

■まとめ
屋外の水道設備は、使用頻度が低いため、発見が遅れると被害が拡大する恐れが出てきます。水が漏れるとその分水道代もかかるので、経済的な打撃を受けることを忘れないようにしましょう。わずかであっても異常を発見したときには、すぐに検査をして修理をすることが大切です。ただ時間をかけても水のトラブルが直ることはありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ