キッチンで起きる水のトラブル

毎日の生活の中で、キッチンを使わずに済むことは、かなり珍しい状況です。キッチンは食事を作るだけではなく、作らない人でも、顔や手を洗ったりすることが出てくるからです。飲み水の確保として使われる場合もあるため、水のトラブルが起きると、生活に直結する問題となります。早期に対処するためにも、トラブルの内容について知識を得ておくようにしましょう。

■消耗品が原因になりやすい蛇口

キッチンには、水を使うさまざまな設備が集まっています。水道の蛇口や排水管、最近では食洗器や浄水器も水が必要です。トラブルが発生する原因はそれぞれ違います。
蛇口の場合、水圧がかかる部分で、しっかりと耐える構造です。パッキンを使い隙間ができないよう作られていますが、常に水に触れ圧力に耐えることが求められるため、劣化しやすい箇所です。水に含まれている塩素も、ゴム製のパッキンにダメージを与える原因となります。
修理自体は、キッチンで起こる水のトラブルの中でも難しいものではありません。蛇口の本体を分解して交換すれば元の通りに使えます。パッキンなどはホームセンターでも手に入るため、部品の入手もしやすくなっています。ただし、蛇口本体も使えば劣化するため、10年も経った場合には本体ごと交換をするのが一番です。

■見えない位置にある排水からの水漏れ

キッチンの水のトラブルとして深刻なものが、排水管からわずかに漏れ出してくる水漏れです。排水管は、使った水を下水まで流す役割を持っています。使った分だけ水が通りますが、上水道を通る水とは違い、使われる中でさまざまなものが混ざっている水です。送り出すために高い圧力はかかりませんが、この水が漏れ出すことを考えると、衛生上の問題も浮上してきます。
排水管は見えない位置に取り付けられています。キッチンのシンクで考えると、物入れなどで見えないよう工夫がされていることも多くあります。この内部で漏れてくると、気がつくのは簡単ではありません。
使った水のため、臭いも出やすい存在です。暗い空間で漏れてくれば、徐々に他のものを侵食したり、害虫がわいていることも考えられます。発見が難しい部分でも、臭いを感じたり、水が落ちる音が聞こえたときには、疑ってかかることが大切です。

■まとめ
キッチンは、さまざまなところで水のトラブルが起きる可能性があります。頻繁に起こるものではありませんが、トラブルが発生することを理解しておかなければなりません。特に排水管のように見えない位置にある場合、発見は遅れがちです。何か異常を感じたとき以外にも、専門業者に依頼して検査するといったことも検討しておくと良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ